遺伝子才能検査とは

どうして遺伝子才能検査を行なうの?

子ども写真

子供は先天的に得意な分野と不得意な分野とを併せ持って生まれてきます。それらの先天的な遺伝子が後天的な環境と影響し合って実際の能力、特性となって顕在化してきます。したがって子供の遺伝子タイプを分析することは子育て、教育を効率的に行なうにあたって重要な意義を持っています。より潜在能力を引き出すためには先天的遺伝子情報を把握した上で育成カリキュラムを組み立てることが有効な手段となってきます。

もともと得意な分野では習得できるスピードも早く、その範囲も大きくなりますから高い目標を掲げ、学習スピードも上げて、難しい課題に挑戦させてあげるとよいでしょう。一方、不得意な分野においては学習スピードも上がらず、習得できる範囲もおのずと狭くなってなかなか効率的には進まないものです。したがってまず基礎から中級レベルの演習にゆっくりと時間をかけ取り組ませることが大切となってきます。"みんなと同じ"、"あの子も習ってるから"は何の意味も持たないどころかマイナスに作用することもあるのです。

優良な遺伝子を持ち合わせてもそのスイッチがONに入らない限りその才能が開花することはありません。その子に適した環境づくりのためにも遺伝子才能検査をぜひ活用してください。

検査の内容

検査結果通知書

採取されたDNAサンプルは上海バイオチップコーポレーションが検査を行ない上海千友生物科技有限公司がその解析を行ないます。 個人の持つ遺伝子よりその遺伝子が持つ潜在的な能力の有無を6分野41項目にわたり4段階の評価で報告します。

1.知能指数(IQ)に関する先天的潜在能力についてのDNA要素解析

記憶力・理解力・想像力・思考力・注意力・思考力の機敏性(頭の回転の速さ)

2.心の知能指数(EQ)に関する潜在能力とDNA要素解析

勇気(勇敢冒険)・内向性・執着心・楽観・同情・気質・探求心(チャレンジ精神)・社交性

3.音楽潜在能力とDNA要素解析

聴覚・音楽センス・記憶・集中力・探求心(チャレンジ精神)・執着心・興味・社交性

4.絵画潜在能力とDNA要素解析

美的感覚・集中力・色彩感覚・探求心(チャレンジ精神)・執着心・興味

5.ダンス潜在能力とDNA要素解析

聴覚・探求心(チャレンジ精神)・執着心・興味・社交性・持久力・筋力・体力

6.運動潜在能力と遺伝子

耐久力・筋力・体力・スピード・瞬発力

評価に関して

  • A:潜在能力が高いと判断できます。
  • B+:潜在能力が比較的高いと判断できます。
  • B:潜在能力が一般的なレベルの可能性があります。
  • B-:潜在能力が比較的低い可能性があります。

お申し込みボタン